FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Cドメイン

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

なぜ初音ミクは素晴らしいのか。 

さて記念すべき最初の記事は初音ミクについてです。


タイトルにあるように、なぜ初音ミクが素晴らしいのかを語っていきたいと思います。
おそらくこのCMが茶の間に流れた時、結構いろんな意味で驚いた人は多いでしょう。



日本人でもこのCMを機会に初めて初音ミクを知った人も多いはず。もしくは名前は知ってたけどなんかアニメっぽいキャラということしか知らなかった、って人も多いでしょう。

でもここでは初音ミクというのがヤマハの音声生成ソフトであるVOCALOID2を利用し、クリプトン・フューチャーメディアが発売したもので、声のサンプリングが藤田咲という声優でとか、初音ミク自体についての説明はしないし、必要ないと思う。知らない人はWikipedia先生を頼ってください。初音ミク(Wikipedia)


初音ミクが何者であるかという事前知識の元に、いやなくても多分わかるように、以下で語ろう。


結論から言うと、初音ミクは素晴らしいのであるが、それがなぜかというと、前に枝野さんが経済産業省大臣だったときに初音ミクの製作元であるクリプトンを表彰した時に、その賞状に書いてあった言葉が、お役所が考えたとは思えないくらい的確に説明している。

「コンピュータサウンド分野のみならず、イラスト・歌詞・小説など、インターネットに分散する個人の様々な才能を発揮する機会を与え、UGC(User Generated Content)に関するソフトウェア技術の高度化及び普及促進に多大な貢献をした」

つまり、ネットを通じて才能ある人たちが自分たちの才能を発揮する機会を与えたのがまさに初音ミクを始めとするVOCALOIDたちなのである。

自作の音楽をネットに挙げるのは多分初音ミク以前にもあったろう。バンドや個人が作曲し、自分たちで歌って、それをマイスペースやYouTubeにあげたりもしていただろう。
でもそこから花開いた人たちがいったいどれだけいたか?膨大に情報が蔓延するネット上では、クリエイターの作品も結局は数あるうちの一つにしか過ぎなくなってしまう。

そこに登場したのが初音ミクという音声生成ソフトだった。(クリプトンはミク以前にKAITOとMEIKOというボーカロイドを販売しているのだが、あまりふるわなかった。)

なぜかつての個人作曲家たちは、ミクに歌わせることで注目を集めることができたのか?
ひとつのきっかけとして、ミクのビジュアル要素があったと思う。ミク以前のボーカロイドであるKAITOとMEIKOは、デザインが割とポップで、パラッパラッパとか、ポップンを思わせるような感じだった。またその時にヤマハが出していた音声生成技術VOCALOIDがVer.1だったのもあってあまりクオリティの高い声も作れなかった。

そこでミクは進化したVOCALOID2を搭載し、キャラデザにはイラストレーターKEIを起用し、緑の髪で長いツインテールの、アニメっぽいかわいいデザインとなった。おそらく最初にそれに飛びついたのはミクを見て単純に「なにこれかわいい!」と思った人たちだろう。(自分もその一部)

そこで実際「IIevan Polkka」などのパロディもので火がつき、「みっくみくにしてあげる」などのオリジナル曲がニコニコ動画でヒットした。その辺からおそらく、作曲の才能ある人たちの目に留まり、「初音ミクに自分の曲歌わせてみたら面白いかも」と、広がっていったのだと思う。

ミクを使ってヒットした曲が、仮にミクではなく誰かリアルな人間が歌って公開されていたらどうだろう?メロディーラインも演奏も全く一緒。声もコンピューター生成ではなくリアルな人間の声だ。おそらく、ヒットしない。

いっぱしのアーティストとして名が売れているなら別だが、無名な個人が作曲して歌って、ネット上に公開したところで、「どこぞの誰かの曲」にしかならないだろう。しかしミクに曲を歌わせることで、それは「初音ミクの曲」になり、それだけで膨大な数のミクのファンに曲を聞かせることができる。

つまりミクというのは音声生成ソフトであると同時に、プラットフォームの役割も果たしている。ミクというキャラクターを媒体にしてファン同士がミクに歌わせる曲を書いたり、曲のPVを作ったり、絵を描いたりする。

前座が長かったが、ミクの真の素晴らしさはここにある。

ミクを媒体にそれまで縁のなかった作曲家たちやイラストレーター、動画職人などが協力し、コンテンツを作り出すのだ。これはミク含むボーカロイド以外ではあり得ない現象だ。
本来ならばミクを使って作った曲の著作権は作曲家本人と、製作元のクリプトンが有するので、作曲家はいちいちクリプトンに許可をとらねばならない。しかしクリプトンは非営利の利用に限定して、ミクの二次利用を認めている。

ミクの曲を作り、PVを作り、絵を書き、それらをネット上で公開することに対し、クリプトンは権利を行使しない。つまりはユーザーが自由に自分たちのクリエイティビティを発揮し、披露することができるのだ。

普通、曲はアーティストのモノ。曲を利用する際にはアーティストに許可を取り、使用料を払わなければいけない。曲のアレンジするのにも許可、使用料が要る。破ろうものならJASRACさんが黙っちゃいない。

しかし初音ミクはみんなのものなのだ。ミクを使って自由に作曲し、ファンがその曲をアレンジしたり、歌ってアップしたり、何をするのにも自由なのである。(非営利な限り)

Googleがミクを起用したCMは、あれはChromeというよりYouTubeの宣伝になっているように見える。YouTubeはそもそもは、個人が各々の創造性を発揮し動画を作って人々に見てもらう場所を提供する、というのがサービスの理念だ。そう、まさに初音ミクという存在はYouTubeの理念に何よりもマッチしている存在なのだ。

あのCMは海外ではレディガガとジャスティンビーバーがテーマになっている。そしてCMの最後にはガガの場合「Lady Gaga, Mother Monster」というフレーズが、ジャスティンの場合「Justine Bieber, Musician」というフレーズがでる。あくまで主体はガガとジャスティン。

では初音ミクの場合はどういうフレーズで締められているのかというと、



「Everyone, Creator」



まさにこの一言が、初音ミクが何であるかを、なぜ初音ミクが素晴らしい存在であるのかを表している。


初音ミクがアニメチックな見た目であることから、オタクっぽいと思う人が多くいるのは知っている。コンピューター生成の声なんか偽物だと言う人がいるのも知っている。

音楽には好き嫌いはある。ミクの見た目や声が好きになれないならそれは仕方がない。

ただ、初音ミクは、多くのクリエイターたちによって支えられている存在であり、他の何よりも誰よりも個々人に才能を発揮する機会を与えたという事実は揺るぎなく、また否定できるものではない。

どうかまだミクに馴染みがない人は、だまされたと思って、いくつか曲を聞いてほしい。(おすすめはGoogleCMの「Tell Your World」と「愛言葉」)


長くなりましたけれども、これを読んだ人がちょっと違う目で初音ミクを見てくれるようになったら幸いです。
ミクについてはこれからもちょくちょく書くことになりそう。

ちなみにGoogleのミクCMの裏話は今月の「SWITCH」に詳しいので気になる人は是非に。表紙が傷物語で店頭で手に取りにくい人はAmazonでww



スポンサーサイト

category: Vocaloid

cm 2   tb 0   page top

コメント

http://togetter.com/li/251513
木野瀬さんが反論できずにとても困ってるんです!
私にはどうにも出来ないのでここのコメ欄で木野瀬さんを救ってあげてください!
リプ送るだけではどうにもなりません、あなたの崇高な考えで5万を超えるビューアーを黙らせてあげてください!
きのこだいまおう #.DAKo/SY URL [2012/02/03 10:12] edit

私にはそんなかっこいいことできませんw
私は自分の考えをフォロワーさんに伝えたかっただけであそこまで広がるのは予想外でしたし、本意でもないので・・・・・
まぁどうせこの問題も明日にはどうでもいいことになっているでしょう。

弱気でごめんなさいw
WaterlooTK #- URL [2012/02/03 12:10] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://waterlootk.blog.fc2.com/tb.php/2-5a37f320
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。